« 田中美絵子 派遣社員として働くとゆーこと | トップページ | 【アイマス】 アイドル戦隊 アイマスⅤ »

旅行業界の裏話 中田美保

Basugaido [派遣] ブログ村キーワード
田中美絵子は派遣社員のことをどう語っていたのでしょうか
①②はこちら→ 田中美絵子 派遣社員として働くとゆーこと

ここでは③ 旅行業界の裏話(中田美保名義)

Friday によると
「美人コスプレライターありすの風俗嬢対談 美女vs美女の本音バトル」の連載が03年暮れに終了した後に執筆。編集部が話を聞いて構成したのではなく、彼女自身が完成稿を書いた、とのこと。執筆者の「中田」は「田中」を引っくり返しただけだそう(当時の編集スタッフ)

この事実は、関係者が認めているそうです

別冊
BUBKA 04’6月号

元大手旅行代理店J●Bの美人ツアコンがセキララに語る 旅行業界の裏話

客のクレームに怯えながら仕事をするガイドの悲劇!
宴会後に大広間で大股開く女性ツアーコンダクター!!
男性添乗員は修学旅行中の女子中高生をハメ放題!?


一 見、華やかに見える旅行業界だが、その裏側は実にドロドロしている。中でも常に快適な旅を演出するツアーコンダクターは大変。精神的にも肉体的にもハード なため、入れ替わりが激しいとか。今回、旅行業界の裏話を暴露して頂いた女性は、最近まで大手旅行代理店に勤めていた元添乗員。旅行代理店の実情や旅先で 遭遇したスケベな男性客の話、添乗員の下半身関係まで、業界の裏側を全部教えます!

中田美保 元旅行代理店勤務 25歳 仮名 (田中美絵子議員 当時28歳)

 
bus Chapter ★01 『お客様のクレームに弱いんです』

(文字が潰れていて、よく読めませんでした)

 添乗員はお客様のクレームの弱いんです。だからクレームをうまく  すれば、逆に続けることも可能。旅行会社の添乗員は  が派遣社員。つまり日雇い労働者です。添乗員は若者に人気の高い職業の一つで、なりたがる人が多く、旅行会社にとっては使い   クレーム   

即クビ。添乗員はお客様のクレームに怯えながら毎日仕事をしています。そのため添乗員を   せば旅行中 手厚い  を受けること間違いなしなんです。

 まず   な方法としては、バス 

 <文字が潰れて読めない>

 でも一番怖いのは、添乗員を通さずに旅行会社にクレームを上げるお客様です。私の勤めていた大手旅行会社のJ●Bでは、ホームページから本社にメールで  にクレームを上げることが出来ます。ここでメールに「添乗員の配慮   」「言葉遣いが悪い」「態度が気に入らない」などの  なクレームでも     もしくは    入ることでしょう

 また、実際の旅行とパンフレットに書かれている内容が違う場合、例えばホテルや食事の内容がパンフレットと違うのであれば、旅行中にデジカメで証拠を押さえておくと確実です。旅行会社は法律違反をしたことになりますので1万    上手くごねれば旅行代金が       ることでしょう。試してみる   はありますよ
 
 
heart02 コラム やっぱりあった バスガイドとドライバーの車内密室SEX

(前略) 「深夜、隣の部屋でドライバーとガイドが大声でエッチをしているのはよくあること。時にはお互い結婚しているにもかかわらず、ということも。でも一番驚いたのは、お客様がバスを降りで観光中のときに起こりました私が忘れ物を取りにバスに戻ったところ、何やら怪しげな物音がバスの下の方からしてきました。ふと、荷物入れを見ると、なんとドライバーとガイドとが中でエッチをしていたのです。完全に荷物入れの扉を閉め切ってしまうと、中からは開けることが出来ません。ですから、ほんの少し扉が開けてありました。もしくは、わざと見えるように開けておいたのかもしれません」 (後略)

 
 
bus Chapter ★02 『夜の"接待”は大変なんです』

 旅に出ると人は開放的になるもの。私が新人添乗員の頃はよくお客様からお誘いを受けました。新人という立場から断ることが出来ず、旅行中は夜遅くまでお客様とカラオケや飲みに行ったりしたものです。

 幹事は添乗員の間ではモテモテ! Hするなら新人添乗員が狙い目!!

 お酒が入るとよく手や肩を触られましたが、されるがままでした。旅行の終わりにはお客様にアンケートを1人ずつお願いするのですが、アンケートの評価が悪いと添乗員は会社のブラックリストに載り、次第に仕事の数も減っていきます。アンケートで仕事の評価が決まってしまうため、お客様と仲良くすることによって新人添乗員は点数を稼ごうとします。それでついつい夜のお誘いも簡単に受けてしまうのです。私の同僚は断りきれずお客様と夜の宴会場でエッチをしてしまった子もいました。彼女の場合は貸切旅行での出来事。貸切旅行には必ず幹事さんが存在します。そしてアンケートは幹事さんだけに渡します。たった一枚のアンケートに悪い評価をつけられただけで添乗員の立場は悪くなります。いわば添乗員にとって幹事さんは絶対的な存在なのです。添乗員の泊まる部屋はたいてい広い宴会場だったりするのですが、その宴会場で一緒に飲んで一旦お開きになった後、添乗員の股もお開きに・・・といったパターンが一番多いのではないでしょうか。とにかく旅行中に添乗員とおいしい思いをしたければ社員旅行で幹事になることをお勧めします

 プライベートの時間がほとんど無く若い男性との出会いも少ない仕事ですから、彼氏のいない隙のある女性添乗員はかなり多いのも事実。お客様には絶対服従ですから、ストーカーに遭う事もあります。添乗員は会社から携帯電話は支給されません。添乗員の携帯電話は100%私物です。「朝集合場所に遅れるかもしれないから」と一言旅行前の電話で添乗員に伝えるとたいてい携帯番号を教えてくれるでしょう。基本的に添乗員は携帯番号を教えることはタブーとされています。ですから旅行中や旅行後に無意味に携帯番号を聞き出すことは難しいでしょう。旅行前に正当な理由で番号を聞き出し、旅行後も有効に使うのが手です。お客様は旅行後もお客様ですからきっとムゲには出来ないはずです。
 
 
heart04 コラム 深夜の女性風呂で添乗員がお客にレイプされている!!

 仕事柄、温泉地に行くことが多いのですが、そこで男性のお客様にお風呂を覗かれてしまうこともしばしば。一番多いパターンは、お酒が多少入った男性が間違えたフリをして女性風呂に入ってくるケースこれくらいなら女性もわざわざ警察に届け出ることはまずないでしょう。男性が「間違えた」と言ってしまえばそれで済んでしまいますからね。一番困るのは仕事で遅くなって温泉に入るのが真夜中になったときです。小さなホテルだとたいてい温泉に浸かっているのは1人になります。今思えばあの状況で男性が入ってくれば間違いなくレイプされていたと思います。実際、そういう事件が年に数回起こっているそうです。夜中でも番台がついていない日本の温泉はまさにレイプするには格好の場所と言えるでしょう。また青森県のホテルGでは男性の岩風呂に女性風呂につながる噴水があります。そこから女性風呂が覗けるのは地元住民と添乗員の間では有名な話です。
 
 

bus Chapter ★03 『男性はエッチし放題なんです』

 男性添乗員の主な仕事は中学生や高校生の修学旅行です。1年の半分の仕事は修学旅行と言っても過言ではないでしょう。数ヵ月後、某旅行会社の男性添乗員が中学生に手を出して逮捕された事件がありました。実は10年前にも同じ事件が同じ地域で起っていたのです。柄の悪い地域は決まっているもの。そして柄の悪い地域程、子供たちはませています。テキパキ仕事をこなす男性添乗員を見て憧れを抱く女子中高生は少なくないのです。 

 修学旅行中に中学生をナンパ その後妊娠させた男性添乗員!!!

 事件の概要は、修学旅行で仲良くなった男性添乗員と女子中学生がメール交換を始めたのがきっかけです。そしてプライベートでも会うようになり、たびたびホテルへ出入りする関係になったのですが、中学生に生理がこなくなってしまったのです。焦った男は携帯の番号とアドレスを変更し、逃げてしまいました。彼女は両親に相談し、旅行会社ではなく直接警察に通報したのです。直接警察に話が行ってしまったので事件は大事になってしまいました。事件の起こった旅行会社では男性添乗員全員に個別に面談を行いました。ちなみに面談料としての報酬が支給されたようです。
 今回の事件は男性添乗員の脇の甘さが引き金でした。バレずにうまく女子中学生と付き合っている男性添乗員はたくさんいます。そう考えると捕まる確率は教師に比べればそう高くないのかもしれません。
 ちなみに添乗員には、
2日間の研修と簡単な筆記試験にパスするだけで誰でもなれます。試験の内容は2日間の研修中に講師が出るところを教えてくれます。まず落ちる人はいません。年齢制限はたいていどこの旅行会社も35歳前後です。みなさんも一度、添乗員になってみるのも悪くないのでは?

shock 怪奇現象に悩まされるツアーコンダクター

 添乗員の仕事をしていると霊感が強くなります。私も過去に不思議な体験をしました。青森県の薬研温泉は三大霊山である恐山が近いため、ホテルに泊まる時は必ず数珠を持参していたぐらいです。それでも一晩中ラップ音に悩まされました。また高野山の羅坊も桜の季節にはよく泊まりますが、深夜、お風呂に入っていると自分しかいないのに人の話し声とお湯をかける音がずっと鳴り響いていたことも。でも一番怖かったのは伊豆半島での出来事。部屋に入ると知らない女性が鏡の前で髪をといていました。夜中は金縛りに遭ったり、テレビとビデオが突然ついたり・・・。朝になってやっと開放されたと思ったら、バスの中で人数を確認するとどうしても一人多い。何度数えても1人多い。どうやらついてきてしまったようでした。皆様も旅に出る時は数珠とお清めの塩を持参するとよいでしょう。これも添乗員の常識なのです。

 

wine 添乗員から社長秘書に転身しました!

 添乗員の仕事を始めてから、私はすっかり人間不信に陥りました。度重なるセクハラと、アンケートで書かれる自分に対する悪口から鬱状態に。そんな私は現在、添乗員という仕事に見切りをつけ、仕事中に知り合ったお客様の紹介で某大手メーカーの社長秘書をしています。規則正しい生活に戻ったことで、以前ほどストレスを感じることも少なくなったため、少しづつ体調や精神状態も良くなってきました。でも仕事中、ビルの中からふと外を眺めた・・・ (中略 分からず)

 確かに添乗員は過酷な仕事でしたが、案外、ハマると抜けられなくなるかもしれません(笑)    (後略 分からず)
 
 ~       ~       ~       ~       ~       ~       ~
この記事は「田中美絵子 派遣社員で働くとゆーこと」の資料として使わせていただきました


カキコ検証 総合案内へ戻る
 
 


人気ブログランキングへ←これ他人事のように書いてるけど、運転手やお客さんとエッチしてたのは本人じゃないの?

←ガイドとのヤり方を指南してくれるなんて、なんて素敵な女神さまだ、と感謝しきりのあなたもクリック

|

« 田中美絵子 派遣社員として働くとゆーこと | トップページ | 【アイマス】 アイドル戦隊 アイマスⅤ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1192097/32213204

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行業界の裏話 中田美保:

« 田中美絵子 派遣社員として働くとゆーこと | トップページ | 【アイマス】 アイドル戦隊 アイマスⅤ »