08日教組の先生の体験

僕の日教組?の先生とダブルスタンダード

[日教組] ブログ村キーワード
2009/9/16 の日記

 民主党のダブルスタンダードがひどいように思います・・

 田中美絵子の説明責任は全然果たせてないよ?てか対応が遅すぎるし(下手に切っていっぱい喋られるのを怖がってるんだろうけど)それに隠蔽体質。情報公開ってよく言ってたよね?

 他人には厳しく、自分には甘く。。よくも、平気でそんなことができるもんだ、と感心してしまうような・・・言ってることとやってることとが違いすぎ。

 あーゆーのって左寄りの人に多いのかなぁ。。なんか理想っぽいことやたらというくせに、自分は権力志向だったりするから。

         *         *         *
 
 僕の小学校のときのやたら憲法憲法言って日の丸・君が代に言及していた教師も、後から考えると矛盾だらけ、ひどいダブルスタンダードの暴力教師だったのを思い出します・・あの先生、日教組っぽかったなぁ。

 社会が専門の教師で、憲法憲法言うくせに「みんなのために」って言葉が大好きだった。憲法の価値は「個人の尊厳」に集約されるのに。。そんなの知ってるはずだけど、、もしかしたらそんなことも知らなかったのかもしれない。てか憲法の意味すら知らなかったんだと思う。だって、憲法って権力を制約するためにあるのに、あの先生が生徒につくらせた学級憲法は生徒を縛るものだったんだもんw  憲法なら権力者の先生を制約しろよ、って

 あ・・これはダブルスタンダードじゃなくて、単に無知無学だって話にすぎないのか。まぁ、自分が無知のくせに激しいテンションで教えてるってことで。。

 まー、あの先生の悪口はつきないです。異様に権力志向で、やたらめったら張りきってた。その甲斐あって、結局僕の通ってた国立大付属小学校の教頭先生にまではなったらしい。その後教育委員会に行ったかはわからない。    つーか、今思うとあんなのが同僚にいたら、周りの先生も付き合い大変だわ。思い返してみれば、一歩も二歩もひいて付き合ってたように思い当たる節があるが、実際どう思ってたんだろう。

 平和平和言うくせに、おっかなくて暴力的な先生で、生徒たちは基本良く思ってはなかった、たしか。だけど、クラス内に影響力のあるお気に入りの優等生みたいのを作ったりかわいがったりしながら、クラスに自分の意見を浸透させるのは得意だったような・・ええ、優等生ってオレのことですよ。超反省してる、嫌な思い出。
 それと、先生がすごく嫌ってた生徒とかもいて、その子をスケープゴートにしてクラスをまとめるような手口も汚なかったなぁ・・やたらめったら理想を語る平和主義者のやることかよって。

 山田詠美の「ぼくは勉強ができない」に出てくる教師が、あの先生にそっくりだったような記憶がある。

         *         *         *

 なんの話だっけ・・ああ、ダブルスタンダードか。ダブルスタンダードと言うより、言ってることとやってること、みたいな話。

 まぁ、極端なこと言う人に限ってだいたいダブルスタンダードになりやすいだろうから、右派の人だってきっとそーゆー人は山のようにいるだろう。あんまり左派とか右派とか区別する必要ない気もする

 でも、人間の性質が基本凶悪だとしたら、左派の方が理想が高くなりやすく、その分言ってることと(他人への批判)やってること(自分の行動)の乖離が生じやすいと言えるのかもしれない

人気ブログランキングへ←1人のケースだけ見て全体を語っちゃうってどーなの?アタマおかしくない?て思った方はクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)